いきものたちのサバイバル子育て 第3回/パンダ編
見出し画像

いきものたちのサバイバル子育て 第3回/パンダ編

びっくり、どっきりするような子育て話を、動物たちの会話や、手紙、詩を通して、楽しく知ることができる『いきものたちのサバイバル子育て図鑑』絶賛発売中!いきものたちの子育ては、全力で命がけ!自分の遺伝子を残すために編み出した、サバイバルな子育てをご紹介します!第3回はパンダの子育て。

ジャイアントパンダの子どもは小さすぎ

着彩_3パンダ

パンダ親子のショートコント『スマホちゃうで』
親「ふ〜やっぱり出産は大変だわ〜。さ、わが子のかわいいすがたを見ないとね。え……!? わたし、エイリアン産んじゃった?」
子「なんでやねん! 生まれたばかりの子どもはピンク色でツルツルなだけや! 正真正銘、自分の子どもやで!」
親「え、それにしても……。あ、もしかしてトカゲさんですか?」
子「ちゃうわ! 生まれたばかりはしっぽが長く見えるから、トカゲさんっぽいけど。しっぽはだんだん目立たなくなってくるんやで」
親「そうなの? でも、それにしてもだいぶ小さく生まれたわよね?」
子「こんなに小さく生まれる理由は分かってないんや。今ワイはスマホくらいの大きさと重さしかないから、注意して子育てしてや」
親「やっぱりまだ信じられないから、お友達に相談するわ。もしもし」
子「だから、スマホちゃうで!」
親子「どうも、ありがとうございました」

プロフィール
名前   ジャイアントパンダ
分類   ほ乳類
大きさ  体長1.2~1.9m
生息地  中国中央部

子育ての特徴
動物園でも人気者のジャイアントパンダは白黒でモフモフしているのが特徴です。メスは約3〜6ヶ月の妊娠期間の後に1~2頭の子どもを産みますが、生まれたばかりの子どもは全身がピンク色で毛も少ししかありません。妊娠期間が短く、体重が成体の1000分の1しかない非常に小さいすがたで生まれるために、親につぶされてしまうなど死亡率が高いです。無事に成長すれば18ヶ月ほどで独り立ちします。

画像2

いかがでしたか? 子どもを敵から守ったり、自分もおなかがペコペコなのに、歯を食いしばって食べ物をとりに行ったり、時には自分をたべさせたり(⁉)。子育てって命がけなんです!生き物たちが編み出した、過酷で不思議、サバイバルな子育ての様子をお届けする『いきものたちのサバイバル子育て図鑑』は絶賛発売中です!

作品情報

書影

いきものたちのサバイバル子育て図鑑
監修:小菅 正夫 絵:川崎 悟司
いきものたちが自分の遺伝子を残すために編み出した、サバイバルな子育てを全4章、58話集めました。
自分もおなかがペコペコなのに、子どもにお乳をあげたり、身体をはって天敵から守ったり、ときには自分を食べさせたり、いきものたちの子育ては、全力で命がけ。
『カメの甲羅はあばら骨』や『キモイけど実はイイヤツなんです。』で大人気の川崎悟司さんによる、いきものたちのユニークなイラストも必見です。
詳細は▶コチラ

KADOKAWA児童書ポータルサイト「ヨメルバ」のnote支店です。おトクなキャンペーン情報や新刊情報、ここでしか読めない連載など盛りだくさんでお届けします! ヨメルバはコチラ ⇒ http://yomeruba.com/