いきものたちのサバイバル子育て 第2回/オオカミ編
見出し画像

いきものたちのサバイバル子育て 第2回/オオカミ編

びっくり、どっきりするような子育て話を、動物たちの会話や、手紙、詩を通して、楽しく知ることができる『いきものたちのサバイバル子育て図鑑』絶賛発売中!いきものたちの子育ては、全力で命がけ!自分の遺伝子を残すために編み出した、サバイバルな子育てをご紹介します!第2回はオオカミの子育て。

オオカミはみんなが子育てのプロ

着彩_2オオカミ

兄「よし、エサもしっかり食べたな! 次は一緒に遊ぶぞ〜!」
弟「兄たん、いつも遊んでくれてありがとう」
兄「お前も成長したら生まれたばかりの子どもの世話をするんだぞ。ママとパパの子育てをお手伝いするんだ」
弟「うん、ぼくも大きくなったら群れの一員としてがんばるよ。こんな風に弟や妹と遊んであげるんだ」
兄「こうやって遊ぶことが、狩りをする時に活きてくるからな」
弟「うん! 家族がふえて、みんなでお世話するのが楽しみだよ!」
兄「ところで、ママとパパどこ行った?」
弟「狩りにでも行ったんじゃない? それかイチャイチャしているか」
兄「あ、イチャイチャしているなぁ。いつも仲良いよな。オレも相手がほしいなぁ。振られてばっかりだから……」
弟「兄たん、がんばれ……。ぼくが話聞いてあげるよ」
兄「サンキュ、お前、いい弟だな」

プロフィール
名前   タイリクオオカミ
分類   ほ乳類
大きさ  体長82~160cm
生息地  ユーラシア、北アメリカ、グリーンランド

子育ての特徴
ヘラジカやカリブーなど大型動物を仕留めることができる優秀なハンター、オオカミ。8~12頭のパックとよばれる家族の群れでくらします。群れの中では優位なメスがふつう4~5頭の子どもを産み、授乳期間は1ヶ月ほどです。その後、両親や群れの他のメンバーに食べものを与えられたり遊んでもらったりなどして群れ全体で育てられ、5ヶ月もすると大人と一緒に移動できるくらい成長します。

画像2

いかがでしたか? 子どもを敵から守ったり、自分もおなかがペコペコなのに、歯を食いしばって食べ物をとりに行ったり、時には自分をたべさせたり(⁉)。子育てって命がけなんです!生き物たちが編み出した、過酷で不思議、サバイバルな子育ての様子をお届けする『いきものたちのサバイバル子育て図鑑』は絶賛発売中です!

作品情報

書影

いきものたちのサバイバル子育て図鑑
監修:小菅 正夫 絵:川崎 悟司
いきものたちが自分の遺伝子を残すために編み出した、サバイバルな子育てを全4章、58話集めました。
自分もおなかがペコペコなのに、子どもにお乳をあげたり、身体をはって天敵から守ったり、ときには自分を食べさせたり、いきものたちの子育ては、全力で命がけ。
『カメの甲羅はあばら骨』や『キモイけど実はイイヤツなんです。』で大人気の川崎悟司さんによる、いきものたちのユニークなイラストも必見です。
詳細は▶コチラ

KADOKAWA児童書ポータルサイト「ヨメルバ」のnote支店です。おトクなキャンペーン情報や新刊情報、ここでしか読めない連載など盛りだくさんでお届けします! ヨメルバはコチラ ⇒ http://yomeruba.com/