カワイイけど実はアブナイヤツなんです。⑦ お金がかかって仕方がない!
見出し画像

カワイイけど実はアブナイヤツなんです。⑦ お金がかかって仕方がない!

『カワイイけど実はアブナイヤツなんです。』から厳選して全10回連載でお届けします。Youtubeでますます人気の「へんないきものチャンネル」書籍化第2弾! カワイイ生き物たちも、生きるために一生懸命。時に驚くほどの凶暴さやしたたかさ、あざとさを発揮するんです。そんな生き物たちの素顔に迫る連載第7回は、水族館でも大人気の可愛らしいあの生物です。

画像1

2ラッコ

プロフィール
名前   ラッコ
学名   Enhydra lutris
分類   ほ乳類
生息地  アメリカ、カナダ
大きさ  体長1~1.5m

水族館のラッコは飼育員さんの指示に合わせてガラスにタッチしたり、バンザイしたり、息もピッタリで愛らしいわね。でも食べているものはエビ、アワビ、ウニ…高級食材ばかりで全然可愛げがないわ。ラッコは泳ぎが得意じゃなくて、動きの遅い海産物をとって食べていたらいつの間にかグルメになっちゃったのよ。しかも冷たい海で暮らすから、カロリー消費もスゴくて、1日に体重の約20%、4~8キロもの食事をとる大食漢なのよね。

画像3

どこでも見られる水族館のアイドルというイメージのあるラッコですが、2020年時点で日本の水族館では5施設7頭しか飼育されていない超レア動物になってしまいました。近年では絶滅危惧種になり国際条約で捕獲が禁止になりましたが、野生のラッコは高級海産物をバクバク食べてしまうので漁師さんからすれば悩みのタネかもしれません。

いかがでしたか? カワイイからって侮ってはいけません。みんな生きるために一生懸命なんです。見た目だけで判断せず、生き物のことを正しく理解しましょう。

作品情報

画像4

カワイイけど実はアブナイヤツなんです。
本性を見抜け!裏の顔を持つ生きもの図鑑
著者:ろう 監修:實吉 達郎 イラスト:川崎 悟司 イラスト:バニえもん まんが:いなばのみね

愛と命のためならどんな手だって使う!?  可愛い生き物の裏の顔に迫る!
Youtubeでますます人気の「へんないきものチャンネル」書籍化第2弾!
前作『キモイけど実はイイヤツなんです。』からコラムページ増量&まんがページも収録。
生き物の世界って、やっぱりますます面白い!!
詳細は▶コチラ


KADOKAWA児童書ポータルサイト「ヨメルバ」のnote支店です。おトクなキャンペーン情報や新刊情報、ここでしか読めない連載など盛りだくさんでお届けします! ヨメルバはコチラ ⇒ http://yomeruba.com/