【先行連載】サバイバー!! 第4回
見出し画像

【先行連載】サバイバー!! 第4回

「いみちぇん!」「星にねがいを!」で大人気! 
あさばみゆきさんの新シリーズ「サバイバー!!」を一足早く公開中!

二十メートル全力ダッシュを、連続で六本!
 息があがったとこで、逆立ちしたままウデ立てして、さらに腹筋!
「次、校庭十周! 健太郎、しっかりしろ! 唯も本気出せ! もっとスピード出せんだろっ」
 給食のあと、いよいよ始まったS組の訓練授業!
 担任の「筋肉先生」は、なぜかいない。
 かわりに校庭にひびくのは、「攻」成績トップ・風見涼馬の、やたらとさわやかな声だ。
 彼だって同じメニューをこなしてるのに、めっちゃ楽しそう!
 髪をサラサラなびかせ、よゆうの笑顔でみんなにハッパをかけてる。
「うっ、うそでしょ……!」
「ボク、もうゲンカイ」
 あたしとうてなはゴールラインで、スッ転ぶように地面へたおれこんだ。
 五年生たちはみんな、打ちあげられた魚ジョータイ。
 ひっくり返り、ほぼ呼吸コンナンだ。
 六年はとっくに集合して、ビシッと整列して待ってくれてる。
 さっすがセンパイたち、去年から訓練してるだけあるなぁ……!
 あたしも一年後には、あんなふうになれてるのかな?
 最後の一人がギブアップして、保健室に運ばれてったあと——。
 朝礼台でくつろいでた背の高い男子が、ひょいっと身がるく地面におりた。
「さぁて。みんなそろったかなー」
 さっき自己紹介してくれた、S組の総リーダー、
 六年の伊地知楽さんだ。
 すらりとした高身長に、優しげな表情。
 髪をハーフアップにまとめた彼は、ほんとに優秀生? ってかんじの、ゆる~い雰囲気だ。
 だけど、総リーダーってことは、リーダーのなかのさらにリーダー。
 一番すっごいヒトってことだよね?
 彼はにこにこ笑いながら、校庭にへばりつくあたしたちを見まわした。
 リーダーのおつかれさまのあいさつで、や~~~~っと帰れるのかな。
 おふろで足をもんどかないと、あした立てなくなりそうだよぉ……。
「では、いまから第一回、S組訓練に入ります! 六年は自主トレね。五年はこのまま残って、リーダーたちからの授業をうけてもらいまーす」
「………………えっ」
 五年生一同がみんなで目をかっぴらいた。
 い、いまから? いまから訓練が始はじまるの?
 じゃあさっきまでのってマサカ、ただの準備運動ォ!?
「どしたの? あ、そっか。『教えるのは先生じゃないの?』って? いい質問だねー」
 そっちじゃないデス!
 ——ともツッコめなくて、みんなただただ、静まりかえる。
 いや、生徒が生徒を教えるって、新情報にもビックリだけどさ……っ!
 凍りつくあたしたちに、自主トレを始めてた六年がいっせいに笑ってる。
 去年の彼らも、同じ反応をしたのかも。
「このS組では、成績トップ3の生徒——すなわち三人のリーダーが、みんなを教えることになってます。生徒たちだけで訓練をするのは、『自分たちで考えて、自分たちで動く』っていう、サバイバル精神を育てるためだね。だけどもちろん、先生たちは監視カメラごしに、ぼくたちを見てるから、安心して。ね、涼馬」
 楽さんがとなりを向くと、涼馬くんはたのもしい笑みを浮かべた。
「大丈夫だ。おれたちは、すでにプロのサバイバーたちにまざって、災害の現場にも出てる。質問や心配なことがあったら、エンリョせずガンガンぶつけてくれ」
 あこがれの視線が、五年のみならず六年からも、彼らに集まる。
 リーダーたちは、もうホントの現場に出てるんだ……!
 ノドカ兄もS組にいた時は、飛び級のあと、五年から現場に参加してたらしい。
 サバイバーの任務は、家族にもヒミツ。
 だから、どんなふうに働いてたのかは知らないけど。
 ——あたしは一度だけ、任務中のノドカ兄を見たことがあるんだ。

 去年、四年生の社会科見学で、科学館に行った帰り道のことだ。
 バスが通りかかってた橋が、いきなり真ん中から折れて落っこちちゃったの。
 なんで急にそんなコトが起こったのか、実はいまだにナゾのままなんだけどさ。
 あたしたちは運わるく、その怪事件にブチ当たっちゃった。
 横だおしになったバスは、どんどんナナメにかたむいてく。
 このまま谷底に落っこちて、おしまいだ……! って絶望してた時。
 ノドカ兄が、サバイバーとして救(たす)けに来てくれたんだ。
 彼はもの静かで、だれにでも、おだやかにほほ笑んでる人だけど。
 あたしには「マメ、おいで」って、目を細めるトクベツな笑顔で、手をつないでくれるんだ。
 その時も、バスの上からのぞいた大好きな笑顔に、ものすごくホッとして。
 今度こそ、あたしもそっちがわに回りたい。
 サバイバーになって、彼とおなじチームで命を救うんだって、心に決めたの!

「S組には弱い人間はいらない。人の命を救うのに、自分が守ってもらおうなんて話にならないからね。だれよりも強く、だれよりもチームの役に立てる人間をめざしてもらうよ」
 楽さんの力強い声に、あたしは彼を見つめなおした。
「なので。成績ポイントが0になったら失格! ふつうクラスにおひっこしになりまーす。自分のポイントは成績表にのってるから、チェックしといてね。いま五年生は五十人いるけど、毎年、六年になる前には半ぶんくらいになってる。まずはS組で生きのこれるように、がんばって」
 半ぶん!? まっさきにふり落とされそうなの、〝担当(パート)ナシ〟のあたしじゃん!
 あたしの成績表、「C」の下に、たしか30ポイントって書(か)いてあった。
 うてなは70ポイントだった?
 こ、これは、ノドカ兄のことをボーッと考えてる場合じゃないぞっ。
「それではっ。S組副リーダー、『陣』担当の月城七海の登場でーす」


<第5回へつづく> 
次回の更新は7月3日(土)を予定しているよ☆
楽しみに待っててね!

※実際の書籍と内容が一部変更になることがあります。

応募はこちら

注意点
・回答は1話1回までだよ!
・書いたら、字のマチガイがないか、もう一度読みなおしてね
・感想に絵文字は使えないので注意してね
・アンケートにご回答いただいた内容は、角川つばさ文庫のチラシや宣伝物、書籍の中のほか、KADOKAWA児童書ポータルサイト「ヨメルバ」や、児童書公式ツイッターアカウントで紹介させていただく場合があります。また、個人情報を併記しない形で、弊社のPR記事・広告等に掲載させていただく場合があります。
・さいごに、おうちの人に見てもらうと安心だね。
・特にメールアドレスの書きまちがいに注意してね。
・ご登録の際にお客様からご提供いただいた個人情報につきましては、株式会社KADOKAWAのプライバシーポリシーの定めるところにより、適正にお取り扱わせていただきます。

☆3巻の感想が届いているよ!
涼馬くんカッコ良すぎます! もう今すぐにでも大ファンになっちゃいそうです!
「夢のスタートラインであきらめられない。」って固い決意が好き!!
すっごい面白い
なんで急に冷たくなったのか気になるぅー

☆追加質問! 主人公マメ、どう思った?
得意なことがなくても夢を諦めず一途に頑張っているところが応援したくなる!
かわいい! 涼馬くんや他の子に言われても、あきらめずにがんばるぞ!ってとことか好き!!!
完璧じゃなく、親近感が湧く!!

今回も感想ぼしゅう中! みんなの声で、新シリーズを盛りあげてね♪

KADOKAWA児童書ポータルサイト「ヨメルバ」のnote支店です。おトクなキャンペーン情報や新刊情報、ここでしか読めない連載など盛りだくさんでお届けします! ヨメルバはコチラ ⇒ http://yomeruba.com/