いきものたちのサバイバル子育て 第1回/ホッキョクグマ編
見出し画像

いきものたちのサバイバル子育て 第1回/ホッキョクグマ編

びっくり、どっきりするような子育て話を、動物たちの会話や、手紙、詩を通して、楽しく知ることができる『いきものたちのサバイバル子育て図鑑』2021年7月26日発売!いきものたちの子育ては、全力で命がけ!自分の遺伝子を残すために編み出した、サバイバルな子育てをご紹介します!第1回はホッキョクグマの子育て。

ホッキョクグマのメスは育てた子どもをオスに食べられてしまう

着彩_1ホッキョクグマ

「ルルルルルル……」(動物園から電話をかける音)

A「あけましておめでとう。野生のホッキョクグマさん! こちら動物園のホッキョクグマです」
B「こちら北極です。無事に子どもが生まれたわ。2頭のかわいい子どもよ」
A「おめでとう! これから大変なのよね?」
B「そうなの、4ヶ月間も何も食べないでお乳をあげ続けるの。巣穴から出る3月ごろには体重が激減してしまうわ」
A「想像を絶する大変さね。でも、動物園はせまいし、となりのアザラシがうっとうしいし、そちらの広大な自然がうらやましいわ」
B「え? アザラシ? 美味しいやつじゃない! じゃなくて、豊かな自然はあるけど、実は、オスのホッキョクグマに子どもがねらわれてしまうのよ。共食いってやつね」
A「本当に? やっぱり自然はきびしいのね。アザラシがうっとうしいくらいガマンするわ」

プロフィール
名前   ホッキョクグマ
分類   ほ乳類
大きさ  体長1.8~3.4m
生息地  北アメリカ北部〜ユーラシア北部(北極海沿岸)

子育ての特徴
ホッキョクグマのメスは12~1月ごろ、雪に巣穴を掘って、その中で1〜3頭の子どもを産みます。子育て中のメスは4ヶ月間も何も食べず、排尿や排便もせずにお乳をあげ続けるために、巣穴から出るころには体重が激減してしまいます。このようにメスが命がけで育てた子どもですが、主食であるアザラシが捕獲しにくくなる夏から秋にかけて、オスのホッキョクグマにねらわれることが分かっています。

画像2

いかがでしたか? 子どもを敵から守ったり、自分もおなかがペコペコなのに、歯を食いしばって食べ物をとりに行ったり、時には自分をたべさせたり(⁉)。子育てって命がけなんです!生き物たちが編み出した、過酷で不思議、サバイバルな子育ての様子をお届けする『いきものたちのサバイバル子育て図鑑』は絶賛発売中です!

作品情報

書影

いきものたちのサバイバル子育て図鑑
監修:小菅 正夫 絵:川崎 悟司
いきものたちが自分の遺伝子を残すために編み出した、サバイバルな子育てを全4章、58話集めました。
自分もおなかがペコペコなのに、子どもにお乳をあげたり、身体をはって天敵から守ったり、ときには自分を食べさせたり、いきものたちの子育ては、全力で命がけ。
『カメの甲羅はあばら骨』や『キモイけど実はイイヤツなんです。』で大人気の川崎悟司さんによる、いきものたちのユニークなイラストも必見です。
詳細は▶コチラ

KADOKAWA児童書ポータルサイト「ヨメルバ」のnote支店です。おトクなキャンペーン情報や新刊情報、ここでしか読めない連載など盛りだくさんでお届けします! ヨメルバはコチラ ⇒ http://yomeruba.com/