見出し画像

怪盗レッド THE FIRST 誰のために、戦うか? - 2.少しずつ家族になる

累計125万部!つばさ文庫の超ヒットシリーズ「怪盗レッド」の最新書き下ろし単行本!『怪盗レッド THE FIRST 誰のために、戦うか?』のためし読み連載。

2.少しずつ家族になる

「こんにちは。圭一郎」
 母さんはこの間とはちがって、ぎこちなさはあるものの、落ちついた様子であいさつしてくる。
 でも、その表情は、僕への申しわけなさを感じていることが、はっきりと窺える。
「……こんにちは」
 僕も、そっけないあいさつを返す。
 愛想悪くするつもりなんてなかったのに、顔が引きつってうまくいかない。
 できることなら、いますぐに部屋にこもるか、家から逃げだしたい気分だ。
 でも、そうしたところで、問題を先延ばしするだけで、なにも前に進まないのはわかってる。
「とりあえず、すわろうぜ」
 翼先輩が、まるで我が家にいるように、どっかりとリビングのソファにすわる。
 ある意味では「我が家」なんだから、いいんだけど、こんなときでも遠慮がなさすぎないだろうか。
「あっ! 観たかったアニメがある!」
 美華子ちゃんが、テレビのわきにおいてあった、DVDのパッケージを目ざとく見つける。
 有名なアメリカのアニメ制作会社が作ったアニメ映画で、僕ではなく、映画好きの父さんの持ち物だ。
「いいな。観ようぜ」
 翼先輩が言って、さっそく美華子ちゃんがDVDをプレイヤーにセットしている。
「あなたたちねぇ……」
 あまりに場の空気を読まない行動に、母さんがあきれたように、翼先輩と美華子ちゃんを見る。
 僕に、翼先輩がくちびるのはしを上げた笑みで、目配せしてくる。
 気をつかわれたってことか……。
 そんなことは、すぐにわかったけど、やるならもう少しさりげなく……いや、ちがうか。
 わざとわかりやすく、やったんだ。
 前の事件のとき、美華子ちゃんの演技力を見せてもらった。
 しようと思えば、僕もだまされるぐらいの演技を、美華子ちゃんはできるはずだ。……翼先輩はわからないけど。
 だけど、そうしなかった。
 バレバレの演技をして、わざと場を和ませようとしてくれた。
 ……まあ、本気でアニメを観はじめちゃっているけど。
 まったく。
 2人の様子に、ガチガチに緊張していたことがバカらしくなってくる。
 僕はダイニングテーブルのイスにすわる。
 それを見て自然に、向かい側に、父さんと母さんがならんで、すわった。
「まずは、改めてあやまらせて。本当にごめんなさい、圭一郎。あなたとずっと、いっしょにいられなかったこと、それにこの間、泣いて困らせてしまったこと。圭一郎のほうがつらかったはずなのに……」
 母さんが、深く頭を下げる。
 僕は、小さく首を横にふる。
「あやまらないでよ。正直言えば、2人きりだった家族が、急に倍以上の人数になったことに、とまどってるけど……うらんだり憎んだりしたことはないよ」
 それに、物心ついたときから我が家には「母親」がいなかったから、父さんとの2人きりの家族のかたちに不満を抱いたこともない。
「……強いてうらみごとを言うなら、僕にずっとウソをついてきた、父さんに対してじゃないかな?」
「わ、わたしか!?」
 急に矛先が向いて、おどろく父さん。
 あの顔は、本気でびっくりしているな。
「そうだよ。近くにいたのに、僕をだましていたのは、父さんじゃないか」
「うっ……それはそうなんだが」
 父さんが、肩を落とす。
「でも、そうするように決めたのは、私と怜二さんの2人なのよ」
 母さんが言う。
 きいたところによると、幼いころの僕は病弱で、とても将来、紅月の里の仕事が務まるとは思えなかったそうだ。
 そこで、両親は考えて、父さんが里の外での調査活動の役目をする代わりに、僕を連れ出し、紅月の里と無関係の存在にした。

画像1

 それで僕の名字は「藤白」となり、名前には、長男につけることの多い「一郎」が入ったというわけだ。
「まだあなたに対して、母親だっていう実感がわいてないから、そう思うのかもしれない。でも、うらみも憎しみもないというのは、本当だよ。それに、先にあの2人に会っているから、いずれ母親が現れることも、想像していたし」
 僕は、翼先輩と美華子ちゃんを、目で示す。
 2人は、完全に、テレビ画面に夢中になっている。
 これは……演技じゃないな。
「ドライすぎないか、圭一郎」
 父さんは、僕の言葉に、あきれ気味だ。
 ドライといえば、そうかもしれない。だけど……。
「翼先輩と美華子ちゃんと先に会っていれば、こんなもんだよ。あの2人の印象がとんでもなかったんだ」
 僕は、アニメ映画に食いついている2人を見て、小さく笑う。
 2人が、ただの中学生と小学生じゃないことは、この間の事件にいっしょに立ち向かって、証明済みだ。
 そんな2人が、僕の兄と妹だなんて言われたんだから、うらみだの憎しみだのなんて、感じる余裕もない。
「いたって、ふつうのアニキをつかまえて、その言い草はないだろう」
 翼先輩が抗議の声を上げる。
 映画に夢中になっていたように見えて、こっちの話をちゃんときいていたらしい。
「銃を持ったテロリストを素手で制圧する中学生が、ふつうのアニキって、どんな世界なんですか」
 僕はそんな世紀末に、生まれた覚えはない。
「人をヒグマかなにかみたいに言うなよ!」
「ヒグマ……たしかに言い得て妙ですね」
 僕は、大きくうなずく。
 翼先輩にクマのイメージは、よく似合う。
「おいっ!」
 すかさず、翼先輩のツッコミが入るけど、僕は気にしない。
「もう、あなたたちったら……」
 クスクスと笑い声がきこえたと思って、正面を向くと、母さんがおかしそうに口元をおさえている。
 そういえば、母さんの笑った顔ははじめて見たかもしれない。
 こんなふうに、笑う人なんだな。
 再会してからずっと、泣き顔や、悲しそうだったりする顔ばかりを見ていたから、ほっとする。
「そんなわけだから、気に病まないでほしい、です。かえって話しづらいから。え~と……母さん」
 僕はつっかえつつも、はじめて「母さん」と呼びかける。
「圭一郎……そうね。その言葉、ありがたく受け取らせてもらうわ。このままだと、いつまでたっても距離をつめられそうにないものね」
「遠慮がなくなったおふくろは、怒らせると怖いから、気をつけろよ、圭一郎」
 翼先輩が、ソファにすわったまま、茶々を入れてくる。
「あら、翼? さっそく、その怖さをいま、味わいたいのかしら?」
 母さんが、迫力のある笑みをうかべる。
「冗談だよ、冗談! 場を和ませようとしただけだろう」
 あわてて言う翼先輩の様子に、僕は思わずふきだす。
「ほら、圭一郎にあきれられちゃったじゃない」
「おふくろが、悪ノリしてくるからだろう……」
 2人がいい関係なのが、よくわかる。
 きっと、翼先輩は、母さんを何度も怒らせているんだろう。
「母さんと、そんなふうになるのは、すぐにはムリです。……だけど、少しずつ話し方とか呼び方とか、距離感とか、色々と変えていけたらと思ってる」
 僕は、素直な気持ちを言葉にする。
 母さんを、嫌っているわけでも、避けたいわけでもない。
 ただ、慣れなくて、どう接していいのかわからないだけだ。
「それでいいわ。十分よ。圭一郎が、私たちのことを受け入れてくれるだけで、夢みたいだもの。だから、あせらないし、あせらせるつもりもないわ。ゆっくり家族になりましょう」
 母さんが、うれしそうに微笑む。
 生まれてはじめて見る、優しさだけがあふれているような笑みに、僕はとまどう。
 これが母親っていうものなのかな?
 まだ、よくわからない。
 だけど、翼先輩や美華子ちゃんもいる。
 ゆっくりと、みんなで家族になれればいい。
 なんといっても僕は、父親以外の家族は、初心者もいいところなんだから。
 いきなりむずかしいことなんて、できるわけがない。
 そんなふうに、2度目の母さんとの出会いは、おだやかに時間がすぎていった。

<第3章へつづく>

1
KADOKAWA児童書ポータルサイト「ヨメルバ」のnote支店です。おトクなキャンペーン情報や新刊情報、ここでしか読めない連載など盛りだくさんでお届けします! ヨメルバはコチラ ⇒ http://yomeruba.com/