【先行連載】サバイバー!! 第3回
見出し画像

【先行連載】サバイバー!! 第3回

「いみちぇん!」「星にねがいを!」で大人気! 
あさばみゆきさんの新シリーズ「サバイバー!!」を一足早く公開中!

「へっ?」
 あたしはポカンと口をあける。
 なんか今の、あたしのこと、知ってたみたいな言いかただった?
「ここはあんたがいていいトコじゃない。今からでも、ふつうクラスに移してもらえ」
 風見涼馬は放るようにして、成績表を返してくる。
「なっ、な……っ!?」
 なんであたし、いきなり怒られてんの?
 今さっきまでの、好印象さわやか男子はどこ消えた!?
「あ、あたしはっ。将来サバイバーの免許をとって、人を救えるようになりたいの」
「ムリだな。向いてない。あんたは人を救助するより、されるほうだろ」
「ででででも、向いてなくたって、あきらめないよ」
 あわてて言いかえすと、彼はますます瞳を冷たくする。
「オールCのくせに? サバイバーはチームを組んで戦うんだ。こんなに能力の低いヤツが入ったら、ほかのメンバーの命にかかわるんだよ」
  どすっ、ごすっ、ぼこっ!
 あたしを正面からぶんなぐってくる、S組エリートのヨーシャないお言葉!
「おい、涼馬。どうしたんだよ、いきなり」
 まわりのクラスメイトたちも、ざわざわし始めた。
「いいか、あんたの成績表は、サバイブ科目に○がついてない」
 ぎらり強く光る瞳が、あたしをキビしく見すえてくる。
 た、たしかに。
 うてなのには「守」に、涼馬くんのは「攻」のところに、○がついてた。
 手のひらにジワッとアセがにじんでくる。
「この○は能力が高いところ、つまり、将来の担当になる科目につく。つまりあんたは、トクイがなさすぎて、担当ワケもできなかったってことだ。そんなの、今まで一度も聞いたことないぞ」
 トクイがなさすぎて——。
 まさに、トクイなし子って自覚のあるあたしには、一番ズキッとくる言葉だ。
 ……あたしは去年、サバイバーをめざすって決めて。
 それからずっと、なにかトクイなことを見つけようと、がんばってきたつもりだ。
 だけど努力と根性だけじゃカバーできなくて。
 けっきょく、このCならびの成績……。
 手にした成績表の紙が、くしゃっとゆがむ。
「マメちゃんをいじめんなっ! ボクの親友だぞ!」
 うてながとなりから、涼馬くんにキバをむく。
 あたしは我にかえって、うなる彼女を抱きもどした。
「で、でもさ。訓練は今日からだから。あたしはこれから、自分のトクイを見つける。それで、どれかに担当をもらうつもりだよ」
「ムダだな。はやくふつうクラスに行いけよ、〝担当ナシ〟」
「変なあだなつけないでよっ」
 ケンカのテンションになってきたあたしたち。
「ちょっと、やめなよ涼馬くん」
「双葉さん、涼馬、ふだんはこんなんじゃないんだよ。気にしないでね」
 間に入ってきたコたちに、キョリを引きはなされちゃった。
 涼馬くんはフンッと鼻をならして、イスを引く。
 あたしも彼に背中をむけ、成績表をつくえの中に突っこむ。
「ほらーっ、もう朝の会を始めるぞー。みんな席つけぇ~!」
 ぱんぱんっと先生がハクシュした。
 みんなちりぢりに、自分の席にもどっていく。
 うてなはまだガルルルルッとノドをならして、涼馬くんをイカク中。
 あたしは……、突然のことに、まだ心臓がバクバクしてる。
 いきなりみんなの前で、イチバン痛いとこ突いてくるなんて、ヒドくないっ?
 念願のS組なのに、なんて出だしだろ。
「さぁて。今日から午後は、校庭で訓練授業だ。五・六年いっしょだが、S組には、学年のあいだで上下カンケーはない。自分の能力、つまりは成績ポイントがすべてになるから――、」
 ぶっとい声で語るのは、いかにもS組の担任ってカンジの、筋肉もりもりマッチョ先生だ。
 ……でもさ。あたし、風見涼馬になんかした?
 話したの、今日が初めてだよね?
 じゃあ本気で、あたしの成績がワルすぎるから、足手まといだって怒ってるのか。
「ね、オールCって、あのコだったんだね。双葉マメちゃん?」
「こら、本人に聞こえちゃうよ。かわいそーじゃん」
 ひそひそ声が、どこからかバッチリ本人まで聞こえてくる。
ずどぉぉぉん……っ。
 ヘコみすぎて、おでこがつくえにくっついちゃいそうだ。
 だ、だけどさ。訓練はこれからだもんね。
 ノドカ兄が待ってるのに、夢のスタートラインであきらめられない。
 あたしは一度落ちた顔を、なんとかグイッと持ちあげた。
 やっぱ、みんなの二倍三倍がんばるしかないっ!
 気合いを入れながら、手もとに目を落とし。
「S組訓練㊙教科書 ※すべて一週間以内に暗記してくること」
 と書かれた、ぶあつ~い教科書に、さっそくギャッと悲鳴をあげた。

<第4回へつづく> 
次回の更新は6月26日(土)を予定しているよ☆
楽しみに待っててね!

※実際の書籍と内容が一部変更になることがあります。

「サバイバー!!」
第3回目の感想を教えてください☆

画像1

注意点
・回答は1話1回までだよ!
・書いたら、字のマチガイがないか、もう一度読みなおしてね
・感想に絵文字は使えないので注意してね
・アンケートにご回答いただいた内容は、角川つばさ文庫のチラシや宣伝物、書籍の中のほか、KADOKAWA児童書ポータルサイト「ヨメルバ」や、児童書公式ツイッターアカウントで紹介させていただく場合があります。また、個人情報を併記しない形で、弊社のPR記事・広告等に掲載させていただく場合があります。
・さいごに、おうちの人に見てもらうと安心だね。
・特にメールアドレスの書きまちがいに注意してね。
・ご登録の際にお客様からご提供いただいた個人情報につきましては、株式会社KADOKAWAのプライバシーポリシーの定めるところにより、適正にお取り扱わせていただきます。

第2回の感想コメントが届いているよ!

■涼馬くん、格好よすぎるよぉー!!(中1 なもちさん)
■好きなのは、ひょいっと成績表を取るとこです!(中1 ANAPOMUさん)
■涼馬君にテストを見られたマメちゃんがとても可愛いです。(小5 はるちゃんさん)
■「双葉マメ?なんでアンタがs組にいるんだ」ってめっちゃ気になる!(小5 帆夏さん)

たくさん感想ありがとう! いただいたコメントはすべて読ませてもらっています♡
次回はいよいよ訓練スタート…? おたのしみに!


KADOKAWA児童書ポータルサイト「ヨメルバ」のnote支店です。おトクなキャンペーン情報や新刊情報、ここでしか読めない連載など盛りだくさんでお届けします! ヨメルバはコチラ ⇒ http://yomeruba.com/