いきものたちのサバイバル子育て 第4回/カピバラ編
見出し画像

いきものたちのサバイバル子育て 第4回/カピバラ編

びっくり、どっきりするような子育て話を、動物たちの会話や、手紙、詩を通して、楽しく知ることができる『いきものたちのサバイバル子育て図鑑』絶賛発売中!いきものたちの子育ては、全力で命がけ!自分の遺伝子を残すために編み出した、サバイバルな子育てをご紹介します!第4回はカピバラの子育て。

カピバラの母子は父親を置いてとっとと逃げる

着彩_4カピバラ

ママ「さぁ、おっぱい飲んだわね。じゃ、パパに遊んでもらってきなさい」
子たち「はい、ママ! パパ、遊んで~!」
パパ「よし、パパと一緒に遊ぼうな。水遊びでもしようかな」
子たち「水遊び大好き~! ねぇ、ところでパパ、あっちにいる動物って なんていうの? かっこいいね!」
パパ「え、どれ? あ、あれはオレたちの天敵ワニだ! ママ、子どもたち、早く逃げるんだ! パパが守ってやるからな! パパのことはしんぱいするんじゃないぞ、パパはな、これでも強いんだぞ! さぁ早く逃げ……ってもうだれもいないやんけ!!」
子たち「(遠くから)パパ~がんばって~!」
ママ「(水場にもぐりながら)あなた、遠くからおうえんしてるわよ~!」
パパ「うぉぉい! お前ら! ちょっとはしんぱいしてくださいっ!」

プロフィール
名前   カピバラ
分類   ほ乳類
大きさ  体長1~1.3m
生息地  アンデス山脈より東側の南アメリカ(南部の一部をのぞく)

子育ての特徴
温泉に入るすがたが話題になるなど動物園でも人気のカピバラですが、子育ては父親が大活躍します。カピバラは、年に1回、妊娠期間150日を経て、だいたい4〜5頭の子どもを産みます。子どもは母親の乳を飲みますが、飲んだ後はすぐに父親のもとへ駆け寄ります。また、天敵に対して父親は懸命に立ち向かっていきますが、母親と子どもはすぐに逃げてしまうといった一面もあるそうです。

画像2

いかがでしたか? 子どもを敵から守ったり、自分もおなかがペコペコなのに、歯を食いしばって食べ物をとりに行ったり、時には自分をたべさせたり(⁉)。子育てって命がけなんです!生き物たちが編み出した、過酷で不思議、サバイバルな子育ての様子をお届けする『いきものたちのサバイバル子育て図鑑』は絶賛発売中です!

作品情報

書影

いきものたちのサバイバル子育て図鑑
監修:小菅 正夫 絵:川崎 悟司
いきものたちが自分の遺伝子を残すために編み出した、サバイバルな子育てを全4章、58話集めました。
自分もおなかがペコペコなのに、子どもにお乳をあげたり、身体をはって天敵から守ったり、ときには自分を食べさせたり、いきものたちの子育ては、全力で命がけ。
『カメの甲羅はあばら骨』や『キモイけど実はイイヤツなんです。』で大人気の川崎悟司さんによる、いきものたちのユニークなイラストも必見です。
詳細は▶コチラ

KADOKAWA児童書ポータルサイト「ヨメルバ」のnote支店です。おトクなキャンペーン情報や新刊情報、ここでしか読めない連載など盛りだくさんでお届けします! ヨメルバはコチラ ⇒ http://yomeruba.com/