怪盗レッド スペシャル 第8話 宝条有栖のちょっとした日常[上]
見出し画像

怪盗レッド スペシャル 第8話 宝条有栖のちょっとした日常[上]

今回は、天才小学生画家・宝条有栖(ありす)ちゃんのお話!
有栖ちゃんが登場するのは、『怪盗レッド』13巻。すごく個性的な大人気キャラだから、まだ読んでいない子はぜひチェックしてみてね!

画像1

   *****

 真っ白な壁に、落ちついた赤色の屋根の建物。
 校舎としては、ずいぶんとおしゃれな作りで、まさに、「有名なお嬢様学校のシンボル」らしいわ。
 そして、この建物の美しさが、わたくし――宝条有栖(ほうじょうありす)が、学校(ここ)に通うことに決めた、理由の1つでもある。
 この学校は、お金持ちのご令嬢(れいじょう)が多く通っていることで知られてる。生徒の親が政財界の著名人だったり、有名アスリートだったりするのは、よくあること。
 わたくしからすれば、「小学校」には違いないし、「お嬢様」といっても、ちょっとマナーがしっかりしているだけで、特別なことなんて、特に感じないのだけれど。
「おはよう! 有栖ちゃん。なにしてるの?」
 いつの間にか、わたくしの横に立っていた女の子が、話しかけてくる。
 髪をサイドテールに結って、くりくりとした目が、いつもチワワを思い出させる。
「校舎を見ているのよ。いつ見てもきれいだと思って」
「うん、この学校の校舎はきれいだよね。……ああ、でも前のさわぎは、大変だったけど」
「ああ……あのときね」
 わたくしは、顔をしかめる。
 夏休み明けに、急に校舎が、全面的に立ち入り禁止になったことがあったのだ。
 理由は、この校舎を設計した建築家にあったらしい。
 ――桧崎修介(ひざきしゅうすけ)。
 それが、この校舎を設計した建築家の名前だ。
 もうずいぶん前に亡くなっているのだけど、彼が設計した建物の1つで、とつぜん爆発があったという。
 そのせいで、桧崎修介が設計した建築物すべてで、総点検がされることになったとか。
 まったく、バカバカしい話だわ。
 このすてきな校舎を設計した建築家が、ムダに自分の建物を爆破するわけがない。
 だからきっと、その爆発には、なにか意味があったのにちがいない。
 すべての建築物を点検するだなんて……ムダでしかないわ。
 案(あん)の定(じょう)、なにも危険なところは見つからなかったらしいわ。
この校舎が小学生が使いやすいように考えつくされていて、桧崎修介の設計が、どれだけすばらしいものかということが、再確認されただけだったそうよ。
 まあ、そのことだけは悪くなかったと思うわ。
「ねえ、有栖ちゃん。そろそろ行かないと、授業に遅れちゃうよ」
 わたくしのそばに立つ女の子が、あせったように言う。
「まだ、大丈夫よ。西園寺(さいおんじ)さん」
 わたくしは、言いながらも、ゆっくりと校舎に向かう。
「のんびりしすぎだよ、有栖ちゃんは~」
 西園寺さんは、ほっとしたような顔で、わたくしの横にならんで歩き出した。


 教室がにぎやかなのは、お嬢様学校でも同じ。
 わたくしが教室に一歩足をふみ入れたとき、一瞬だけ教室が静まり返った気がしたけれど、気のせいね。
 そのまま窓ぎわの席につく。
 西園寺さんは、わたくしの席の前だ。
 どうしてかはわからないけれど、わたくしはこの西園寺さんに好かれている。
 よく話しかけられるし、教室移動もいっしょにすることが多い。
 逆にいえば、クラスの西園寺さん以外の子とは、必要なことしか会話した記憶がないわ。
 いつの間にか、そうなっていた。
「わたくしが『お嬢様』だから」というのは理由にはならない。だって、ここにいるのは全員、お嬢様だもの。
 考えられるとすれば、「わたくしが画家だから」という理由のようね。
 美術の世界で、わたくしの絵画は評価されているし、新聞、テレビ、雑誌、インターネット……いろいろなところで、取りあげられている。
 そのせいでみんな、わたくしに話しかけづらくなっている……というのが、西園寺さんからきいた話よ。
『わたしたちはたしかにお嬢様だけど、それはパパやママがすごいってだけでしょ。でも、有栖ちゃんは、有栖ちゃん自身がすごいじゃない。だからなんとなく、みんな気おくれしちゃうんだよ』
 いつだったか、西園寺さんがそう言っていたことがある。
 ちなみに西園寺さんは、気おくれしないのかときいたところ、
『わたし、そういうの気にしないから。わたくしが将来、有栖ちゃんを超えるすごい人になれるとは思えないし。だったら気おくれするだけムダでしょ』
 ……だそうだ。
 さっぱりしているのか、自己評価が低いだけなのか。
 ともかく、この学校でわたくしが「友達」と言えるのは、この西園寺るりさんだけということになる。
 まあ、わたくしにとっては、西園寺さんだけで3人分ぐらいのさわがしさを感じるから、ちょうどいいのだけれどね。

 学校が終わり、わたくしは1人で校門を出る。
 校門のところには、黒塗りの高級車が迎(むか)えにきている生徒も少なくなく、敷地内から徒歩で出ていく生徒は、下校時刻のわりには少ない。
 西園寺さんも、迎えの車で帰ったはずだ。
 わたくしは校門を出ると、すたすたとそのまま学校からはなれる。
 学校から、だいぶはなれたところで、
「……サクス」
 と小さく呼ぶ。
 音もなく、スッと背後に男が立つ。
 スーツ姿に変装をした、サクスだ。
 人相はあまりよくないが、これなら、せいぜいボディガードぐらいには見える。
「今日はどうだったかしら?」
「数人、有栖を狙(ねら)っている人間がいたから、片づけておいた」
 サクスが、さらりと答える。
「ご苦労様。こりないわね」
「それだけ、『画家・宝条有栖に価値がある』と考える人間が多いんだろう」
 ありがた迷(めい)惑(わく)な評価、というやつね。
 サクスにはわたくしを狙ってやってくる人間を、さっぱりきれいに片付けてもらっている。
それが、わたくしがラドロに入る条件の1つとして、「ラドロのおじいちゃん」に、お願いしたことだからなのだけれど。
 学校の帰りには、宝条家の迎えを使わない。
 わたくしが狙われたら、運転手さんが巻き込まれてしまうもの。
 ボディガードを車に乗せていても、並のボディガードでは相手をしきれないこともあるでしょうし。
 その点、サクスなら気配さえ気づかれずに、わたくしを狙う人間にお帰り願えるというわけ。
「……そろそろ、向かうぞ」
 サクスが言うのと、ラドロの黒塗りの高級車がやってくるのが、同時だった。
 学校の帰りは、ラドロの車で送ってもらっている。
 もちろん、わたくしのお父様とお母様は、最初すごく心配していたけれど、そこはラドロのおじいちゃんが、うまく説明してくれたわ。
 ラドロのおじいちゃんの「表の顔」は、さまざまな技術を持つ職人の工房を支援し、その技術を世界に向けて販売する会社の会長なのだもの。
 そして、宝条家では、ラドロのおじいちゃんの会社と大きな取引をしている。
 つまり「お得意様」というわけ。
 お父様とラドロのおじいちゃんも、個人的に何度も食事をしたりして、仲がいいの。
 だから「画家であるわたくしが、放課後に、ラドロのおじいちゃんのところへ美術品を見に行く」という理由で、帰りの迎えをまかせる、ということになったのよ。
 そうそう。
ラドロのおじいちゃんが会長を務めている会社は、別に悪いことはしていないわよ。
 ……まあ、「泥棒稼業(かぎょう)から足を洗いたい」という人間もやとっているから、ちょっとグレーな気はするけれど。
 でも、泥棒をやめたくても、その後できる仕事がないという人間を、助ける意味もあるんだろうし、それに、もともと泥棒だから、物の目(め)利(き)きができる。そんな人たちの才能を活かしていると言えるかもしれないわ。
 ……そんなことを考えているうちに、わたくしが乗っている車が、ラドロの本拠である高層ビルの地下駐車場に入っていく。


「ありがとう」
 わたくしは、運転手のおじさんにお礼を言って、車を降りる。
 そのまま、エレベーターで、ラドロが使っているフロアへ向かう。
 このビルはラドロの持ち物で、低層階には、ふつうの企業が入っている。
 そして、ラドロの構成員が使う階は、30階から上。
 わたくしは、40階で降りて、ろう下を歩く。
 すると、正面に両開きの大きなドアがある。
 サクスがドアを開けてくれて、わたくしが中に入ると、そこはパーティー会場のような広さ。
 ここは、ラドロの構成員が情報交換する場として、使われている。
 今も、40~50人のさまざまな人間が、あちらこちらで話をしている。
「おっ、有栖の嬢ちゃんじゃねえか。調子はどうだい?」
 40代ぐらいの無精(ぶしょう)ひげのおじさんが、にこやかに話しかけてくる。
「ええ、問題ないわ。おじさんも元気そうね」
「おうよ。この間、大仕事を終えたばかりだから、少し休もうかとは思ってるけどな」
「それはいいけど、腕がにぶらないように気をつけなさいよ」
「嬢ちゃんに言われるまでもないさ。何年この世界にいると思ってんだい」
 おじさんは、トントンと自分の腕をたたいて見せる。
 この場でも、わたくしは異端な存在といっていい。
 わたくしは、ラドロの中では幹部と同じあつかい。それで、周囲の対応は、はっきりとわかれている。
 このおじさんみたいに、一定の敬意は払いつつも、年相応の相手としてかわいがるタイプ。そして……。
「宝条さん。おつかれさまです」
「ええ、おつかれさま」
 次に、事務的に対応して、すぐに、さっと距離をとるタイプ。
たぶん、わたくしをどうあつかっていいのか、はかりかねているんでしょうね。
 そして、最後が……。
「……おい、いつからラドロは子どもの遊び場になったんだ?」
 あからさまに、敵意を向けてくるタイプ。
 50代ぐらいの男が、わたくしに近づいてくる。
「おい、有栖嬢ちゃんは、そういうんじゃねえって……」
 さっきの顔なじみのおじさんが、かばおうとしてくれたけれど、わたくしはそれを手で制する。
「文句があるのなら、直接、ラドロのボスに言うべきではないかしら? ここでわたくしにネチネチ言って追い出そうなんて……うちの小学校の生徒だって、もう少しまともなアイデアが出せるんじゃないかしらね」
「なんだと!?」
 わたくしの挑発(ちょうはつ)に、顔を真っ赤にする男。
 後ろには、ほかにも、わたくしをにらみつけている男が、何人か見える。
 この男と、似たような意見を持っているのだと思うわ。
 べつに、ケンカがしたいわけではないけれど、わたくしがラドロの幹部と同様の待遇(たいぐう)である以上、ここで引くわけにはいかない。
 そんなことをすれば、ラドロという組織の「上下関係」が、崩壊してしまう。
 昔のラドロは上下関係のない、情報交換の集まりでしかなかったらしいけれど……今のラドロは、ちがう。
 組織の「上」に立つものがいて、「下」にいるものを支える形になっている。
 わたくしが、この人たちの敵意に負けては、ラドロの幹部全体がその程(てい)度(ど)だと思われてしまう。
 わたくしが、一歩も引かずに男たちをにらみ返していると、なにごとかと、まわりの視線が集まってくる。
「……ちっ。今日は帰る」
 男は、きびすを返して、部屋を出ていく。
 あわてて、それについていく男たちが数人。
 幹部あつかいのわたくしと「もめている」と思われるのが嫌だったみたいね。
 まあ、わたくしも、それを狙っていたのだけれど。
 泥棒たちにとって、ラドロという組織は、とても助かる存在らしい。だから彼らも、そこから追い出されるようなことはしたくない。
 でも、もともと1人で長く泥棒をやってきた人だと、プライドがゆるさないこともある……そんなところでしょうね。

 後ろにいた男もふくめて、全員の顔は覚えたから、あとでラドロのボスのおじいちゃんに、それとなく伝えておくわ。
 ラドロに不満を持った者が、敵対組織に情報を流す……なんてことが、ないとも限らないわけだから。
 わたくしが、ここに顔を出している意味の半分は、そんな意味もあるわ。
 わたくしという存在をエサにして、ラドロにいだいている本心を引き出す。
 ……ほんと、あのおじいちゃん、人使いが荒いのよね。
「――おいおい、そいつはほんとかよ! まさか引き受けたのか?」
「声がでかいって。当然、断ったよ。ラドロからも追い出されたような連中だしな。だけど、やけに自信ありげだったな……あいつら程度の腕じゃ、西園寺家の屋敷に忍びこむなんて、リスクが高すぎることぐらいわかってるはずだが……」
 きこえてきた会話に、わたくしの眉が、ピクリと反応する。
 西園寺……。
「ねえ、その話について、少しくわしくきかせてくださらない?」
 わたくしは、話をしていた男たちに近づいていく。
「え、宝条さん。今の話ですか? お、おれはちゃんと断りましたよ」
「ああ、そういうことをうたがっているんじゃないわ。その元ラドロの人が、どこかのお屋敷を狙っているの?」
「○×区にある、西園寺家ですよ。セキュリティも堅いし、かんたんに狙えるような屋敷じゃないんですがね」
「あなたをさそったというのは、どういう連中なの?」
「こう言っちゃなんですが、いっしょにされたくないレベルのやつらですよ。5~6人でグループを組んでいるんですが、やり方が強引で、入った家や店を必要以上に壊したり、運悪く出くわした者にケガを負わせたことも数知れずっていう、強盗まがいの連中ですよ」
 男は、自分を責める話ではないとホッとしたのか、すらすらと説明してくれる。
 なるほどね……。
「ありがとう。参考になったわ」
 わたくしはお礼を言って、その場をはなれる。
 ○×区の西園寺家の屋敷といえば、あの子の家でまちがいないわ……どうしたものかしら。
 今の話を頭の中で整理しようと思っていると、
「――有栖。ボスがおよびだ」
 サクスが無愛想な声で、わたくしをよぶ。
 あら。
 けっこう、ここに長居してしまったみたい。
「おい、サクスさんだ。いつの間に来たんだ?」
「足音どころか、部屋に入ってくる気配さえも感じなかったぞ」
「さすが、あのサクスさんだ」
 あちこちで、泥棒たちがざわめいている。
「サクスは、わたくしとちがって人気者ね」
 わたくしはクスクスと笑って言うと、サクスと部屋の外に出る。
「……どうでもいい」
 サクスは、興味なさそうに言う。
 本当に興味がないのでしょうね。
 このサクスという男は、自分の腕をみがくことだけに関心がある。
 自分より明らかに腕のおとる人間たちのほめ言葉なんて、気にもとめないはずだわ。
 だから逆に、ラドロのおじいちゃんに対しては、最大限の敬意を持っているみたい。
 ラドロのおじいちゃん――初代ファンタジスタは、泥棒の世界では、「生きる伝説」あつかいされているみたいだから。
 ……「2代目ファンタジスタ」である恭也(きょうや)の苦労を考えると、ちょっとかわいそうになってくるくらい。
「ねえ、サクス」
 わたくしは、ろう下を歩きながら、話しかける。
「ラドロでは、同じ組織の構成員の仕事を邪魔(じゃま)邪魔することは、禁じられているのよね?」
「そうだ」
 サクスは、小さくうなずく。
「なら、構成員じゃない泥棒の仕事を邪魔することなら? 問題ないんでしょ?」
「まあ、そういうことになるな」
「それなら、やりたいことがあるんだけれど」
「……レッドの真(ま)似(ね)事(ごと)でもするのか?」
 サクスは、わたくしのやりたいことを、見抜いていたらしいわ。
 でも、甘く見られたものね。
「ちがうわ」
 わたくしは、首を横にふる。
「わたくしは、学校の友人にふりかかろうとしている不幸を避けるだけ。彼女になにかあると、わたくし、学校での話し相手に困(こま)るのだもの。誰もかれも助けたがるような、正義の味方なんかといっしょにしないでほしいわ」
 本当よ。
 あんなお人好(ひとよ)しといっしょにされたら、かなわないわ。
「なるほどな。有栖が動く理由はわかった。……だが、おれがかかわらねばならない理由は? おれは、お前からやとわれているわけじゃない」
 サクスは、まっすぐにわたくしを見すえてくる。
 その目のするどさは、学校のクラスメイトなら、腰をぬかして、尻(しり)もちをついてしまうかも。
 だけど、わたくしはまったく怖さを感じない。
 だってそうでしょ。
 いつもわたくしが絵を描くとき見ているのは、「世界」そのもの。
 世界と向き合う覚悟があれば、人間1人の視線なんて、こわくない。
「……そうよね、サクス。そのとおりだわ」
 わたくしは、クスリと笑う。
「サクスは、わたくしではなく、おじいちゃんにやとわれて、わたくしのボディガードをしているだけ。立場で言えば、ラドロの幹部なんだもの」
「幹部を幹部とあつかわない有栖に言われるのも、どうかと思うがな」
「あら。わたくしは、敬意を持つべき相手には、ちゃんと持っているわ。――サクス、あなたに対してもそうよ。だからこそよ」
 わたくしは、言葉に力をこめる。
「泥棒の矜持(きょうじ)として、そいつらのやり方は許せるのかしら?」
そう言いながら、ラドロの目を見つめる。
「それに、ボスだって。たとえ一時(いっとき)でもラドロにいた人間が、そんなことをしようとしているのは、喜ばしいことかしら?」
 わたくしは、わざと「ボス」という言葉を出してみせる。
「調子のいいことを言う。……だが、いいだろう。協力しよう」
 サクスは、苦い顔をしていたけれど、うなずいた。まず、私の話に耳をかたむけたのが失敗よ。
 わたくし、人を口車(くちぐるま)にのせるのは、得意なの――まあ、おじいちゃんや、ケイみたいに、それが通用しない例外はいるけれど、ね。

第9話へつづく

KADOKAWA児童書ポータルサイト「ヨメルバ」のnote支店です。おトクなキャンペーン情報や新刊情報、ここでしか読めない連載など盛りだくさんでお届けします! ヨメルバはコチラ ⇒ http://yomeruba.com/