シリーズ累計20万部突破! 100人の保育士、小児科医が推薦!『だーっこ だっこ』発売。子どもとママパパに「幸せホルモン」がでる絵本!
見出し画像

シリーズ累計20万部突破! 100人の保育士、小児科医が推薦!『だーっこ だっこ』発売。子どもとママパパに「幸せホルモン」がでる絵本!

画像1

「だっこ」は赤ちゃんや子どもに、とっても大切です。子どもは「だっこ」をとおして、愛されていると感じ、「オキシトシン」という「幸せホルモン」が分泌されます。心の安心感や自己肯定感が育まれ、人への信頼感につながります。
そして、「だっこ」をしているママパパにも「幸せホルモン」は分泌されます。
この絵本には、たくさんの動物・人間の赤ちゃんとママパパの「だっこ」が出てきます。
「だーっこ だっこ だっこで ぎゅ」
子どもにも、ママパパにも、心が元気に、優しい気持ちとゆとりを与えてくれる絵本です。

作者は、毎日子どもたちと接し、絵本の読み聞かせを実践する保育園の園長先生・にへいたもつさん。絵は、『わたしはだあれ?』『パンダのあかちゃん おっとっと』『なでなでなーで』などで大人気のわたなべさとこさんです。

◆100人の保育士さんがこの絵本を推薦。
・「子どもの心の安定、自己肯定感を育む絵本!」(吉澤隆幸 池尻かもめ保育園 園長)
・「親子のふれあいの表現や動物たちの表情がやさしく素敵」(0歳クラス担当の保育士)
・「読んでいる保育士(ママパパ)、聞いている子も、ほっこり幸せ」(1歳クラス担当の保育士)
など、たくさんの推薦文をいただいています。

◆小児科医もこの絵本を推薦。
・渡辺久子(日本乳幼児精神保健学会 会長、元慶應義塾大学医学部小児科 外来医長)
だっこはおさない子にとって生きる力の源。幸せな発達と親子の絆に欠かせません。さみしい時、苦しい時、不安な時、子どもは自分からだっこを求め、だっこで安心し元気になります。だっこのぬくもりや肌の感覚やゆったりした動きの感覚は、自律神経を介し内臓をわくわくさせ、成長ホルモンやオキシトシンの分泌を増やします。だっこで輝くわが子の瞳は、親に自信と勇気をもたらします。たっぷりだっこされて大きくなる子は、心の広い素敵な人に成長するでしょう。

・加部一彦(埼玉医科大学総合医療センター新生児部門 小児科医、NHK Eテレ『すくすく子育て』出演)「赤ちゃんもママもパパもみーんな笑顔。だっこでみんな幸せに!」

◆著者にへいたもつさんからのメッセージ
『だーっこだっこ』で、親も子も愛情いっぱい!!
泣いても「だっこ」をしないというお母さんがいます。聞くと「だっこを嫌がる」と言うのです。また、抱き癖がつくからというお父さんも……。確かにそんな場面もあるかもしれませんが、「だっこ」事態でなく、暑くていやだったり、不安定なだっこだったり……、本来子どもは「だっこ」が好きなんです。『抱き癖がつく』というのも昔の話し、それよりも、生きていく上で大切な土台をつくる乳幼児の時期に、「だっこ」はとても大切です。
子どもの成長発達には、「心の安定」が不可欠です。そのためには、親と子の愛着関係がとても重要です。「だっこ」は愛着関係を築く一番の方法。肌と肌のふれあい、お腹の中にいた時と同じ心臓の音、そして、ママやパパのにおい。「だっこ」をとおして子どもは愛されている実感が得られます。自分は愛されているんだと感じられると「オキシトシン」という「幸せホルモン」が分泌されます。この「幸せホルモン」が、親との愛着関係を深め、子どもの心の安心感や自己肯定感が育まれ、人への信頼感につながるのです。
さらに、「だっこ」をしている親の側にも「幸せホルモン」は分泌され、安らぎや癒しを与えてくれます。
子どもをまるごと受け止める愛情いっぱいの「だっこ」をたくさんしましょう。きっと、親も子も心が元気になりますよ。こんな思いから、『だーっこだっこ』は生まれました。

内容紹介

【差し替え】中面1

こりすちゃん、コアラちゃん、おさるちゃん、
カンガルーちゃん、パンダちゃん、
かわいいあかちゃんが、ママ(パパ)をみつけて……。
「だーっこ だっこ だっこで ぎゅ」

画像3

画像4

画像5

画像6

画像7

●著者プロフィール
作・にへいたもつ
葛飾区青戸保育園園長。1990年、葛飾区公立保育園での初の男性保育士となる。2006年から「えほんの会」を主催。著作に『こ~ちょこちょ』『なでなでなーで』、紙芝居『ぶるるん ぷっぷー』(教育画劇)など。

絵・わたなべさとこ
京都精華大学美術楽部卒。2015年イタリア・ボローニャ国際児童展入選。絵本『わたしはだあれ?』『パンダのあかちゃん おっとっと』『こ~ちょこちょ』『なでなでなーで』(KADOKAWA)など。

書誌情報

だーこだっこ_枠あり

『だーっこ だっこ』

絵:わたなべ さとこ作:にへい たもつ

100人の保育士さん推薦。子どももママパパも「幸せホルモン」がでる絵本

「おめめ ぱっちり こりすちゃん ママをみて にっこ にこ」「うれしい うれしい こりすちゃん だーっこ だっこ だっこで ぎゅ」 コアラちゃん、おさるちゃん、カンガルーちゃん、パンダちゃん、そして、人間の赤ちゃん。ママは、「おいで おいで だいすきあかちゃん だーっこ だっこ ママだっこ ぎゅ」 パパは、「げんきに そだて だいすきあかちゃん だーっこ だっこ パパだっこ ぎゅ」 赤ちゃんもママパパも、心が元気になり、優しい気持ちとゆとりを与えてくれる絵本。
100人の保育士さん推薦! 小児科医も推薦。 「だっこは『幸せホルモン』を出し、心を育てる」渡辺久子(日本乳幼児精神保健学会会長、元慶應義塾大学医学部小児科 外来医長)とこの絵本を推薦。「赤ちゃんもママもパパも、だっこでみんな幸せに!」加部一彦(埼玉医科大学総合医療センター 小児科医、NKK Eテレ『すくすく子育て』出演)

KADOKAWA児童書ポータルサイト「ヨメルバ」のnote支店です。おトクなキャンペーン情報や新刊情報、ここでしか読めない連載など盛りだくさんでお届けします! ヨメルバはコチラ ⇒ http://yomeruba.com/