怪盗レッド THE FIRST 誰のために、戦うか? - 1.はじめて会った「母さん」
見出し画像

怪盗レッド THE FIRST 誰のために、戦うか? - 1.はじめて会った「母さん」

累計125万部!つばさ文庫の超ヒットシリーズ「怪盗レッド」の最新書き下ろし単行本!『怪盗レッド THE FIRST 誰のために、戦うか?』のためし読み連載。

1.はじめて会った「母さん」

「はあ……」
 僕――藤白圭一郎は、短いため息をついて、マンションのリビングの中をうろうろと歩く。
 いまので、36周目だということは、自覚している。
「そんな圭一郎は、はじめて見るな」
 父さんがキッチンの中から、おもしろがるような顔で、僕を見ている。
 なにか言い返したいけど、そんなことに頭を割く余裕がない。
 僕だって、らしくないのは自覚してる。
 でも、落ちつかないのだから、しかたがない。
 だって――――これからこの家に、はじめて母さんがやってくるんだから。

 少し前、僕がはじめて、紅月の里にいった日。
 曾祖父の源蔵さんと面会したあと、僕は、母さんと会うことになった。
 面影の記憶もない、母親だ。
 紅月の里にある、その家は、年代を感じさせるけど、手入れがいき届いた古民家だった。
 ここで、翼先輩と美華子ちゃんの兄妹が育ったんだと思うと、なんとなく不思議に感じる。
「さあ、圭一郎、遠慮なんかするなよ」
 翼先輩に背中を押されて、玄関に足をふみ入れる。
「塔子さん、連れてきたよ!」
 父さんが、家の奥に向かって声をかける。
 その声に反応して、部屋の奥から、バタバタと足音がして、1人の女性が姿を見せた。
 活動的な雰囲気のある人だ。
「圭一郎。……母さんだ」
 父さんが、短く告げる。
 そうだろうとは、見た瞬間、わかった。
 美華子ちゃんにそっくりで、そしてどこか、翼先輩にも似ていた。
 僕の兄である翼先輩と、妹である美華子ちゃんに似ているとすれば――それは、僕の母さんだろう。
 状況的に判断して、そう推測できたというだけだ。
 それぐらい、僕には、目の前の女性が、母親だという実感がなかった。
 実感がわかないのは、翼先輩と美華子ちゃんと兄妹だという事実以上かもしれない。
 それでも、言葉をかわせば、なにか思い出すこともあるだろうか。
 そんなふうに思っていると、
「あ……ああ……」
 母さんが僕を見つめたまま、ポロポロと瞳から大粒の涙をこぼしはじめる。
 それはだんだんとはげしくなり、最後には両手で顔を覆ってしまう。
「……ごめんなさい……。ごめんなさい……圭一郎……」
 その場に、くずおれるように泣く母さんに、父さんはそっとよりそい、背中をなでている。
 突然のことに、僕はどう反応していいか、わからなかった。
 このままだと、当分、会話になりそうもない。
 それに、明日は学校がある。
 ここに泊まるわけにはいかないし、そろそろ帰らないと、家に着くころには深夜を越えてしまう。
 そんなことを冷静に考える自分が、ちょっとだけ嫌だった。
 おたがいに、少し心の整理がついてから、あらためて会う。
 そういうことにして、僕はその場を立ち去るしかなかった。

 そして、その「あらためて」が、今日だった。
 父さんの話だと、母さんがあんなふうに泣きくずれるのを見たのは、はじめてだったそう。
 でも、僕としては、反応に困るとしか言いようがない。
 ほとんど記憶がない僕には、「母さんが泣いた」というより「目の前で、女性が泣いた」という印象が、どうしたって強くなる。
 ただ、母さんが、ずっと苦しんでいたということは、あの泣き顔から痛いほど伝わってきた。
 母さんには悪いけれど、「忘れられていたわけじゃなかったんだ」と、どこか安心を感じたのも事実だ。
 そんな気持ちなのに、また顔を合わせるとなれば、僕が落ちついていられるわけがない。
「圭一郎、少しはすわって、落ちついたらどうだ?」
 父さんが言いながら、リビングにやってくる。
 落ちついた父さんの様子が、うらめしい。
 父さんは、家族の中で唯一、家族全員とずっとやりとりがあったらしい。
 僕とは、ずっといっしょに暮らしていたし、翼先輩や美華子ちゃん、母さんとも、定期的に会っていたみたいだ。
 そりゃあ、落ちついていられるよ……。
 そんなふうに、皮肉な気持ちになっていると、
   ピンポーン
 インターホンが鳴り、僕は体をビクッとさせる。
 動こうにも、自分の意志に反して、体が動かない。
 僕が立ち上がらないのを見て、父さんが玄関に向かう。
「おじゃましま~す!」
 美華子ちゃんの元気な声が、玄関のほうからきこえてくる。
 やがてリビングに、美華子ちゃんと翼先輩が、いつもどおりの姿を見せ……少し遅れて、父さんといっしょに、母さんが姿を見せる。
 母さんの姿を見た瞬間、心臓の音がドクンドクンと速くなる。
 背中には、たらりと変な汗が流れる。
 それが、僕と母さん――紅月塔子との、2度目の再会だった。

<第2章へつづく>


KADOKAWA児童書ポータルサイト「ヨメルバ」のnote支店です。おトクなキャンペーン情報や新刊情報、ここでしか読めない連載など盛りだくさんでお届けします! ヨメルバはコチラ ⇒ http://yomeruba.com/