”絵”を読み解く
見出し画像

”絵”を読み解く

KADOKAWA児童書ポータル「ヨメルバ note」

〈聞かせ屋。けいたろう〉です。12月7日(火)発売の絵本『あいたい あいたい あいうえお』ができるまでをお話ししています。もうすぐ発売! ぜひ書店で手に取ってください! 今回は、自分の考えたお話(文章)にどんな絵が描かれたのか、じっくり見つめたいと思います。

まずは表紙。

あいたい_表1

題字はおくはらゆめさん(以下ゆめさん)の手描きです! 可愛らしく、味わい深いですね。配置等に関しては、デザイナーさんに入ってもらって仕上げました。絵とのバランスもバッチリですね。物憂げに窓の外を眺めるアナグマちゃん。表紙に何を描いてもらうかは、ゆめさんにお任せしました。

次に「扉」というページですね。

tobira のコピー 2

タイトルと共に、会う事を心待ちにしている皆が窓から覗いています。実は当初、タイトルと共に描かれるのは、お花やてるてる坊主が描かれていて、登場する動物たちはいませんでした。一対一のお話ではなく、三者三様……いや、五者五様でそれぞれに会いたい人がいるという事を伝えるべく、登場する動物たちみんなを描いてもらいました。

そして、雨のシーンからこのお話が始まります。
アナグマちゃんがあやとりで一人遊び。

アナグマ

てるてる坊主が、晴れの日を待っているのだと感じさせます。横殴りの強い雨、表紙の時からは時間が経っているのでしょう、大きな水溜まりが。
ページをめくると、同じく窓の外を見つめるイッカクサイくん。部屋にはブタの貯金箱が置いてあります。後でその理由がわかりますよ。

そして、音楽をかけて踊りながらパンを焼く、雲豹(うんぴょう)くん。

ウンピョウ

Tシャツもパン柄。相当なパン好きなのでしょうか(笑)
次に登場するのはエゾリスばあば。手元を見ると、何かを縫っているようです。窓の外の「約束の場所」と、写真立てを見ながら「あめあがれ」と願っているのでしょうか。
そしてページをめくると、木に住んでいるオオコノハズクの家には、てるてる坊主が5つ、ぶら下がっています。耳が見えているのは3羽ですが5つです。これはきっと……。
皆それぞれ、晴れの日を待ちわびていることが伝わってきますね。

つぎのシーンは就寝です。「明日は会える」そう思っているような良い寝顔です。

寝ている

翌朝、一番に目が覚めたのはアミメキリンでしょうか、太陽と瞳が輝いています。

アミメキリン

おや?紙コップとハサミが置いてありますね。
次のページは、まだ寝巻きのイベリコブタくん。ユニフォームの準備はオッケー。

おそらくパン好きなウォンバットちゃん。

ウォンバット

お気に入りのお皿に描かれているのは……!
僕は、この場面で部屋にまで入ってくる陽射しがお気に入り。最高の天気!

そして、何かを抱えて走るエゾリスちゃん。
ここの文章は、特に良いリズムを意識しました。足音がしてから足跡が残るので、「あしおと あしあと」としましたよ。

次のページには、オカピのかぞくも何かを引っ張りながら、約束の場所へ。
「晴れたらそこで、待ち合わせ」でしたね。

そして、ついに山頂で再会!

あ!

ここでお見せするのは、「あ!」までにしておきます。
「あ」に続く言葉といえば……!


最後に「見返し」という部分について、お伝えしましょう。
表紙の裏と裏表紙の裏、二箇所の見返しがありますが、
この絵本では、こんな風にこだわっています。

前見返し

こちらが前の見返し。

後ろ見返し

こちらが後ろの見返しです。

と、こんな風に変化しています。
「絵本のお話しが始まる前に見る見返しと、お話しの後に見る見返しを変えたい」という僕からの注文を、ゆめさんが見事に実現してくれた、大好きな場面です。
そして、皆の名前を知って、この動物がこの順番で登場した理由に頷き、微笑んで頂ければ嬉しいです。
「いやいや、ちょっとイベリコブタって……」とも思うのですが、そこはおくはらゆめの世界観ということで、自分を納得させました(笑)。

ここまで絵をじっくり味わってきましたが、絵を味わいたくなるのが絵本です。
僕の文章だけでは、この動物達を見ることも、イメージすることもできないでしょう。
この絵本を知らない方に目をつむってもらい、文章だけで語ったら、どんな光景を思い浮かべるのでしょうか?
例えば、絵を描くのがゆめさんではなかったら、どんな動物達が登場したのでしょうか?動物ではなく、人だったかもしれないですね。

絵本を読むのって、本当に面白いですね。
絵本を作るのも、本当に面白いのですよ。

12月7日発売!
『あいたい あいたい あいうえお』

あいたい_表1

リズミカルな文章とかわいい絵で読み聞かせや、プレゼントにぴったり!

あめ、あめ、あめ。きょうも雨。明日はきっと雨があがる。晴れたら山の上で待ち合わせ。あのこに会いたいあいうえお。
アナグマちゃん、イベリコブタくん、ウンピョウくん、エゾリスばあば……。みんなが会いたい相手はだれかな? 
大人気ロングセラー絵本『まいごのたまご』訳者の《聞かせ屋。けいたろう》さんのリズミカルで、シンプルだけど染み入る文章と、受賞作多数のおくはらゆめさんのカラフルでかわいい絵がベストマッチ!
「会いたい」といういつの時代もみんなが心に抱いている普遍的な気持ち。そんな「会いたい」にやさしく寄り添う心温まる絵本です。

KADOKAWA児童書ポータル「ヨメルバ note」
KADOKAWA児童書ポータルサイト「ヨメルバ」のnote支店です。おトクなキャンペーン情報や新刊情報、ここでしか読めない連載など盛りだくさんでお届けします! ヨメルバはコチラ ⇒ http://yomeruba.com/