マガジンのカバー画像

ニュース

48
KADOKAWAの児童書の新刊情報やニュースをお届けします♪
運営しているクリエイター

#図鑑

小菅正夫先生に聞いた「どうして札幌市街地にクマが出てきたの?」

6月18日、札幌市東区でクマの目撃情報が相次ぎました。北海道にいるクマということはエゾヒグマで、日本では最大の哺乳類です。 ↑『角川の集める図鑑GET! 動物』P.107より。生息地域別なので調べやすい。 どうしてこんな市街地にクマが出てきてしまったのか。札幌と言えば、『角川の集める図鑑GET! 動物』を監修してもらった小菅先生がいるじゃないか! ということで、聞いてみました。 どうしてこんな市街地に出てきてしまったの?この場所はもともとのエゾヒグマの生息地には隣接して

スキ
1

は虫類ハンター・加藤英明先生も参戦!! 「角川の集める図鑑GET! 危険生物」発売決定!!!

好評発売中の新しい学習図鑑シリーズ『角川の集める図鑑GET!』。創刊3タイトル「動物」「昆虫」「恐竜」に続く第2弾タイトルの発売時期、監修の先生が決定しました!! 次に発売されるのは『危険生物』!! 総監修は「は虫類ハンター」加藤英明先生です!! さっそく意気込みを語っていただきました。 加藤英明先生より 生物は様々な環境に適応して進化し、今の世界を築きました。当然、この図鑑で紹介する「危険な生物」も、毒や牙、鋭い爪などその環境ならではの特徴や習性があります。それは厳

スキ
1

YouTubeチャンネルも好調のイラストレーター・じゅえき太郎。リアルな昆虫画が話題のシリーズ最新作『すごい虫ずかん ひるの虫とよるの虫』好評発売中!

本シリーズは、絵を楽しみながら虫の生態を学べる絵本として好評を博しております。シリーズ3作目となる本作は、昼と夜、地上と地中、そして水中…ふだん見られない世界を、大迫力の絵で楽しめる内容になっています。 『すごい虫ずかん』のここがすごい!!【ここがすごい①】 日本国内のある場所を舞台に、その季節の生態を再現! 【ここがすごい②】 絵を楽しみながら、虫の生態を自然に学べる! 【ここがすごい③】 監修者・須田研司先生による<ライブ標本>をもとに、細部まで徹底描写! ↑

スキ
3

生き物との阿吽の呼吸!! 島田拓のアリ写真がすごい! 『角川の集める図鑑GET! 昆虫』の魅力

世界中の昆虫を生息地別に掲載するという、これまでにないコンセプトで作られた『角川の集める図鑑GET! 昆虫』。東南アジアのカブトムシや南米のチョウなど、見たこともない昆虫たちの実寸大標本写真はもちろん、その昆虫の動きや生きている姿がより伝わるように撮影された、生態写真も大きな見どころです。この記事では、そんな生態写真の中から、アリのページをピックアップして紹介します! 「アリって地味じゃん!?」って思ったアナタ! アリはとっても奥が深い昆虫なんです!! 『角川の集める図鑑G

スキ
41

体験型学習におススメ!「角川の集める図鑑GET!」の目玉、「GET!+」ってなに?

ついに創刊された「角川の集める図鑑GET!」。従来の分類別ではなく、生き物同士の関連性を重視した生息地域別の構成が大きな特徴となっています。そしてもう1つ大きな目玉がオンラインサービス「GET!+」との連動です。それでは「GET!+」とはなんなのか? 自分で図鑑が作れる、ってどういうこと? まずはコチラの動画を見てください!! 「GET!+」とは、無料で公開されているオンライン図鑑のこと。「恐竜」「動物」「昆虫」それぞれ100種のデータが公開されています。まだ触ったことのな

【図鑑GET!創刊記念】ぬって、つくって、投稿しよう!1名様にしゃべる地球儀プレゼント!

角川の集める図鑑GET!の創刊を記念して、自由に色をぬってくみたてられるティラノサウルスのペーパークラフトをプレゼント!世界にひとつのオリジナル恐竜を作ってみてね☆ さらに、くみたてた恐竜を「#くみたて恐竜」とともにTwitterに投稿いただくと、投稿いただいた中から抽選で1名様に「しゃべる地球儀 パーフェクトグローブ HORIZON NEXT」をプレゼント! #くみたて恐竜 ハッシュタグをつけて、くみたてた恐竜の写真と一緒にTwitterへ投稿しよう♪ 【応募方法】 応

スキ
1

【応募者全員】図鑑GET!創刊記念Wキャンペーン!

全国の書店にて、角川の集める図鑑GET!「恐竜」「昆虫」「動物」を購入し、KADOKAWAアプリでご応募いただいたお客様に向けたWプレゼントキャンペーンを実施中!この機会をお見逃しなく! 【レシート対象期間】 2021年5月25日(火)~2021年8月31日(火)キャンペーン対象商品・角川の集める図鑑GET! 恐竜 ・角川の集める図鑑GET! 昆虫 ・角川の集める図鑑GET! 動物 キャンペーンその① 購入金額の10%分の金額還元!購入1冊につき、200円分の図書カードN

スキ
3

ついに図鑑GET!の表紙3枚が揃ったよ! そしてゲットくんが着ているのは……!?

「角川の集める図鑑GET!」の創刊を記念してスタートした、「ずかんGET島をつくろう」企画。まず今日お届けするのはコチラ! 図鑑GET!の表紙3枚が揃いました―――!!!  これでこそGET島ですよ!! 前回公開した恐竜図鑑の表紙に加えて、動物、昆虫も加わり、ついに創刊3タイトルがそろい踏み! あれ、でもよく見ると… あーーーーー!!! ゲットくんが「GET!」のロゴTシャツを着ています!! そうなんです。ゲットくん、GET島を建設しながら、なんとTシャツまで作っていた

図鑑1冊もれなくプレゼント!昆虫博士・丸山宗利先生が特別オンラインゼミ! 「こども昆虫研究室GET!」がスタート!

5月28日創刊する「角川の集める図鑑GET!」で昆虫の総監修をしている昆虫博士・丸山宗利先生が図鑑をテキストにしながら3か月間限定のオンラインゼミを行います。その名も「こども昆虫研究室GET!」。参加者全員が図鑑をゲットでき、先生のスペシャルなゼミも視聴できる超プレミアムな機会をお見逃しなく! 図鑑の解説から図鑑制作秘話まで!子どものときから図鑑好き、昆虫好きの丸山先生。今回のGET!では監修だけでなく、撮影、執筆まで行い、思い入れもたっぷり! ゼミでは、昆虫の基本的なお話

スキ
3

島全体が恐竜化石の博物館!? 「あつまれ どうぶつの森」で建設中のずかんGET島を公開中です!

「角川の集める図鑑GET!」の創刊を記念してスタートした、「ずかんGET島をつくろう」企画。まだまだ島は建設中ですが、今日はちょっとしたニュースがあるのでお知らせします! 恐竜図鑑の表紙をお庭で再現してみたよーーー!!!  なかなかの出来栄え。ゲットくん(シャベルを持った子)もご満悦です。ちなみにゲットくん、恐竜が好きみたいで、島全体になんとなく恐竜化石の展示が増えてきました。 どんな島になっていくのかは、まだわかりません! 夏休み中くらいに完成できたらいいな、と思っ

ずかんGET島、公開! みんな、遊びに来てねー

角川の集める図鑑GET!の創刊を記念してスタートした、「ずかんGET島をつくろう」企画。まだまだ島の完成までは時間がかかりそうですが、公開します! ぜひぜひ遊びに来てください! 夢番地は、「DA-6335-4824-8665」です。島の様子をちょこっとだけこちらでもお見せします。全容はぜひGET島に見に来てくださいね! (C)2020 Nintendo P.N.深津庵 https://twitter.com/Takam_crea

スキ
2

恐竜100種、わかるかな!? 無料のオンライン恐竜図鑑を使って恐竜クイズで遊ぼう!!

とつぜんですが、恐竜クイズです。次の3つの問いに当てはまる恐竜はなんでしょうか? 答えはページの下の方に載せます。 Q1:背中にたがいちがいにならんだ五角形の板が特徴の、もっとも大きな剣竜類です。小さな頭でシダなどの植物を食べていました。 ※アメリカのモリソン層などで化石が見つかっています。 Q2:世界で2番目に名前がつけられた恐竜です。前あしの親指は、ほぼ全体がするどくとがった骨でできていました。小指は曲げることができて、ものをつかむのに役立ったと考えられています。

スキ
5

角川の集める図鑑GET!創刊記念、『あつ森』で図鑑GET島をつくろう!!

2021年5月28日、集めることをテーマにしたその名もズバリ「角川の集める図鑑GET!」が創刊されます。 そんな「集める」をテーマにした図鑑の創刊を記念し、『あつまれ どうぶつの森』の中に、化石をテーマにした「ずかんGET島」の開拓をスタートしました!! ぱちぱちぱち!(拍手!!) ↑これは、無人島移住パッケージに登録した当時の様子。 ↑じつはゲットくん、こっそり島民代表になって無人島ライフをスタート。 ↑島クリエイターの資格を手にれたゲットくん。 さぁ、「ずかんG

スキ
2

カブトムシ、クワガタだけで150種以上! 世界の昆虫が大集合する昆虫図鑑!

5月28日創刊が発表された「角川の集める図鑑GET!」。“考える力を育む”というコンセプトで制作されたこの図鑑シリーズの魅力を、さらに掘り下げていきたいと思います。ここでは、動物、昆虫、恐竜の創刊3タイトルの中から、昆虫図鑑の魅力にフィーチャー!! まずはコチラの動画をご覧ください!! 世界の昆虫が大集合する昆虫図鑑、その多様性に驚き!「どんな環境で暮らしているか」を徹底調査! 昆虫がどのような地域のどのような環境で暮らしているかがわかるよう、地域ごと、環境ごとに分けて説

スキ
3